障害年金の受給要件

公的年金というと厚生年金や国民年金といった老齢年金のことをすぐに思い浮かべると思いますが、障害年金も公的年金のひとつになります。
障害年金は、傷病などによって障害を負ったことにより日常生活を送ることや仕事をすることが困難になった人に支払われる年金で、どちらかと言えば高齢者というより若年層のための年金というものになります。


障害年金を受給するためにはいくつかの要件がありますので、ここではその要件を説明します。
まず大切なのは、初診日要件になります。
初診日要件とは、障害の原因となった傷病の初診日が、これから説明する三つの要件に含まれているかどうかということです。
従って、初診日を証明する書類を受診した医療機関から入手しておく必要があります。


では三つの要件についてみていきます。
一つ目は、制度に加入しているかです。
これは初診日に国民年金や厚生年金などの年金制度に加入していたかということで、逆に言うと、初診日に年金制度に加入していなければ、障害年金を受給することはできません。


二つ目は、保険料を納付しているかということで、初診日の前までに正当な保険料が納付されているかどうかということです。


三つ目は、その障害が障害等級に該当しているかということになります。
障害等級は、重い順に1級、2級、3級とありますが、厚生年金はこの三つの等級のいずれかに該当する障害、国民年金では1級または2級に該当する障害の場合に障害年金を受給することができます。